CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 本当にやりたいこと | main | Breakfast at Sydney シドニーで朝食を >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
久々の更新(車探し編)
 
ここ数日車を探している(盗難に遭ったのではなく、購入って意味で)

狙うはステ〜〜〜ップ!ワゴン。

別にセレナでもノアでもいいんだけれども、ミニバンというとステップワゴンというイメージがある。

単純なイメージだけでなくシートアレンジの多彩さも魅力の一つ。

自転車の積載や、サーフボードの積載も考えているからやはりシートアレンジの多彩さは必要かと。

確かにステップワゴンはシートアレンジは多彩だが、現行モデルから3列目床下収納と2列目ウォークスルーモード(シートの真ん中が通路になる)が採用されている。
(もしかして過去のモデルでも2列目のウォークスルーはあったのか?)

過去のモデルの中古車を見ていると2列目のシートが気に食わない。
2列目は車体右側に寄った構造になっている。
一番左は補助席的な扱いで、6人乗る時に2列目が窮屈な2人乗りになるのだ。(補助席未使用・各列2人乗車時)

さて、現行モデルではどうだろう?(ウォークスルーについてのみ)
ウォークスルーモードにしておけば、若干狭いかもしれないが3列目に乗り込む際に2列目を倒して乗車する必要が無い。
が、逆に言うと過去のモデルの方が補助席を畳んでいれば3列目に乗り込みやすい。
個人的には現行型のシート配置の方が好み。
3列目の床下収納は確かにかさばる荷物を積む際に大きなアドバンテージになるだろう。
でもここでよ〜く考えて欲しい。
現行のステップワゴンには恐らくテンパータイヤが詰まれてないのではないだろうか?

多くの国産車はテンパータイヤを積んでいただろう。
でも個人的にはテンパータイヤは好みではない。
欧州車の場合、テンパータイヤではなく通常のタイヤ(ホイールセット)が搭載されていることが多い。
これがいいんですよ。

燃費向上(軽量化)、室内空間の確保、コストダウン、タイヤの性能向上といった理由で道路運送車両法もやんわり改正されたのかもしれない。
パンク修理剤を積んでいればOKってな風に。

それを利用してぽっかり浮いたスペースにシートをしまうというのはいい事だが、タイヤ交換なんて苦でもない人間にとっては予備のホイールが積まれていた方がよっぽど安心できる。

パンク対策における好みは下記の通り。
1:欧州車のように純正と同じ予備ホイールセットが積まれている
2:100歩譲ってテンパータイヤ
3:パンク修理剤(できれば除外)

確かによほどの不運でない限り、近年のタイヤでトラブルということは少ないだろう。
しかしそこは何かあってからでは遅いのだ。
それに、ロードサービスを待つ時間ももったいない。
パンク修理剤なんてものがどれほど頼りになるかわからないし。


シートについては一人で乗ることがとてが多いだろうし、どっちでもいいか。

ま、それにそこそこ距離の行った中古車しか買えませんし。
もしも車を買ったらしばらくカンパニョーロはお預けだな(笑)
| ゆるくぬるい日々 | 22:08 | comments(1) | - | -
スポンサーサイト
| - | 22:08 | - | - | -
コメント
パソコンが欲しいけれどお金が…とお嘆きのあなた。
有名メーカーのパソコンがたった100円から!!
インターネットの契約もできて一石二鳥。

まずは気軽にアクセスしてみてください!!

メーリングリストに登録すれば、パソコンプレゼントのチャンスもあります。
| 100円エコPCマーケット | 2011/07/29 11:28 PM |
コメントする