CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 血ゲロ始めました | main | 嗚呼、無常・・・。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
ハンダ作業とサーキットテスター

 今日、仕事で使っているグラインダーが完全にお亡くなりになりました。

回転数を2段階に調節できるタイプのグラインダーなのですが、前々からスイッチを「低回転」にするとうんともすんとも言わなかったのであります。
スイッチを若干動かしたりすると低回転でも動いていた時期もあったので、恐らくスイッチの接触不良で低回転では動かなかったのであろうと推測していました。
高回転では動いていたので仕方なしに高回転でしばらく使ってました。

が!!しかし!!
ついに本日、そのときが来ました。
高回転にしてもピクリとも動きません。
こいつがお亡くなりになると作業に大きな支障がでます。

削ったり、削ったり、削ったりがすべて手作業。

涙チョチョ切れものでございます。


なので、家に持って帰って来て分解。

空けてびっくり玉手箱。
単純に抵抗が入っている回路と無抵抗回路があるだけでした。
ま、シンプルに作ればこうなるか。

さて、何で今日ぴくりとも動かなかったかというと、アース回路が最後の最後のハンダで断線・・・。
ま、アース不良による抵抗値インフィニティー・・・。

被覆を剥いてハンダごてで再度ハンダ付けにて回路復活。
ま、これでいいか。

と思いきや、作動しなかった「低回転」の復活をさせてみようと決意。
あけたときじゃないとこんな面倒なことはしないので、一緒に直してしまおう。

スイッチにはデスビのコンタクトポイントみたいなのが2つ付いていて、低回転と高回転に回路を切り替えるという簡単なもの。
フェースが荒れていたので紙やすりで軽く修正。

スイッチを単品でチェックしてもちゃんと導通あり。
うんうん。これでちゃんと低回転も動くだろう。

ま、でも念のためサーキットテスターで各部導通をチェックして・・・おや?

 


おや?

 

 

 


おやおや?

 

 


なぜか抵抗器の抵抗値がインフィニティー・・・。


低回転モードで作動しなかったのはスイッチの接触不良によるものではなく、抵抗器の死亡による事実上の断線が原因だったのね・・・。

ま、でも同じ抵抗器を買ってくればハンダ付けして直るわけだし。
さて、どんな抵抗器が入っているのかな?

ん?

メーカー名もないし(ロゴっぽいものはある)、入っている文字といえば「2・B」と「3BZ」だけ。
ネットで検索しても出てこないし、何より問題なのは抵抗器の抵抗値を調べるには断線していたら調べられないということ。

だって、サーキットテスターに抵抗値は無限大としか表示されませんから・・・。

 

| ゆるくぬるい日々 | 02:22 | comments(0) | - | -
スポンサーサイト
| - | 02:22 | - | - | -
コメント
コメントする