CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
22番組同時録画機能搭載ブルーレイHDDレコーダーと体育座りという新発想

第四世代型超光速恒星間航行用超弩級万能宇宙戦艦ヱクセリヲンも真っ青な新世代型超弩級万能ブルーレイレコーダー。
宇宙を航行したりはできませんが1ヶ月先の番組録画予約ができたり2つの番組を同時に録画できたりBDに50時間録画できたりと夢の機能満載でございます。
もちろんキンケツな私にはそんな機能を詰め込んだ上位機種など雲より上の成層圏の上の存在で国家規模の予算を用意しないと行けない宇宙のような存在でもあったりするわけでございます。
これさえあれば一週間撮りためた番組で休日は丸一日テレビの前で体育座りをして「体育座り日本一」というアラン・シェパード並の快挙を達成してしまいそうで申し訳ありません。
| 物欲 | 02:30 | comments(0) | - | -
一家に一台

相変わらずスポークカッターが欲しい今日この頃です。
意味もなくスポーク(無駄に長いの)を買ってきて、スポークを切って遊んだりするんだろうなぁ。

そして、忘れてはいけないのがスポークレングスチャート。
なぜなら自転車のスポークとは、ハブ、リムの組み合わせによって様々な長さが存在するので計算して長さを決めるのです。
そのためスポークは1mm単位で長さを選ぶことができるんです(よく使われる長さ付近は)

しかし!
いちいち1mm単位でスポークを在庫するのは大変なんです。
場所も取りますからねぇ。

おまけに時代は完組みホイール全盛時代。
多くなりましたね。完組みホイールも。
スポークなんて売れません。

おかげで私が使い続けてきた「旭スポーク製作所」が事業から手を引いたそうな。
とにかく残念!

残るは星かぁ。
スポークが入っている袋のデザインが嫌いなんだよなぁ。
| 物欲 | 23:10 | comments(0) | - | -
ほんの小さな出来事に〜♪

傷付く愛はその程度の愛!!
と言いつつも、絆や愛というのは反復練習みたいなものだと思ってます(個人的に)
綺麗に折れた骨が再生した際には以前よりも頑丈になるように、絆や愛も傷の深さや数に比例して結びつきが強くなる!(と信じてます)
何だかいい事言っちまったぜ。俺。

ま、それは置いといて。
さて、今日は物欲の話。(そこの君!またか!とか思わないように)
最近やたらと身の回りに物欲を刺激するものがあります。
眺めてると「欲しいなぁ」と思ってしまうのが物欲魔人の性。

でも大丈夫!

勇気と判子があれば・・・じゃなかった、先立つものが無いのでクリックしてしまった自分に、もしくは「これください」と言ってしまった自分に幻滅することもありません。
だって・・・、諸般の事情によりローンなんて組めませんから(笑)
あ、拙者、黒帳簿には名前載ってませんけどね。
あくまでも諸般の事情です。

仮に今の状況でローンなんぞが組める状態にあったら、間違いなく買ってます(と、言うのはタダ)
買ってしまったら買ってしまったで楽しい事になるだけなんでしょうけど。
買えない状況だけれども、ある意味状況に感謝。

ま、買おうと思ったものをすぐに買えるのと買えないのではどっちがいいのかは明白ですが(自分で言ってて痛い!)


ところで、どなたか26インチのトライアル車のフレーム買いませんか〜?
koxxのXTPとか、2002バズーカ(オレンジ)とか、ブリサのB26(ブラジルメイド)とか。
その他いろいろくだらないパーツも誰か買って〜。
そろそろいろんなものを処分したいなぁ。
| 物欲 | 00:17 | comments(1) | - | -
道に倒れて誰かの名を


呼び続けて事なんてありません。
一体どんな人生を送ってきたら若くしてこんな詩が書けるんだろう?
あ、詩の通りの人生を歩んでれば良いのか(あっさり解決)

それはそうと、今日初めて知った事があります。

陸王(昔の国産{ある意味}のバイク)ってサイドバルブだったんですね。知らんかった・・・
中学生の時に実動の陸王を見る機会があったのですが、その時はサイドバルブなんて知らなかったしなぁ。
ちょいと調べてみると、昭和8年から昭和34年まで造られてたそうですね。
しかも最初は製薬会社の三共が製造していたとか(これもびっくり)

もしも家の前に、陸王・サイドバルブ(WL)・Servi-car・グース・ビートル(もしくはタイプ)の5台が置いてあったら・・・。
妄想しただけでよだれが垂れます。


| 物欲 | 01:17 | comments(0) | - | -
サイドバルブ
今ではOHVエンジン搭載で、ツインカムのOHVさえもあるハーレー・ダヴィットソン。
しかしOHVとはイギリスからもたらされた技術だったそうです。

じゃあその前のハーレーはどうだったの?


実はサイドバルブというエンジンを搭載していたそうです。
これがまた機関車のような、まさに「機械音」という言葉がピッタリの素敵なエンジンです。
角ばったデザインとシリンダヘッドの上に光る四角いヘッドカバー(なのかな?)
最近のハーレーしか知らなかった私には何とも魅力的なサイドバルブ。
かわいいデザインなんですよ。これが。
そして美しいシルエット!(手元に画像は無いけど)

まるで2サイクルエンジンのような抽象的なデザインと、一見コンパクトに見えるそのエンジンから放たれるOHVよりも図太いぐらいのサウンド。
見た目とサウンドのギャップがおもしろい!


サイドバルブ

ちなみに画像のこのバイク(右下)は1946年製だそうです。
製造から60年以上経ってるバイクの純正部品が今でも手に入るという辺りがハーレーの魅力でしょうか。





とても手が出る金額では無いけれど、サイドバルブが欲しい・・・。
| 物欲 | 22:50 | comments(0) | - | -
パチンッ!
「あ〜、またか〜」と思われた皆さん、その通りです。
また物欲ネタです。

最近無性に将棋盤が欲しいんです。
五寸ぐらいのやつが。

でも・・・





いい材質のものはとにかく高い!

そして、5寸くらいのものになるととにかく重い!
そりゃ数キロだから持てない重さじゃないけど、木って種類によっては重いんだなぁ。と実感。

将棋を打っていた中学生の頃に師匠から頂いたちゃんとした駒があるので、それに合わせていい盤で打ちたい。
しかし!折りたたみの盤しか持っていない私に、桂と本かや(漢字がでない・・・)の違いが分かるのだろうか?
「絹の打ち味」と賞賛される本かやも、違いが分かる人が打ってこそ。

さて、そこで問題なのが素材と厚み。
同じ予算において、五寸足つきの本桂を買うか、二寸ほどの卓上盤の本かやを買うか・・・。
ま、私ほどの素人になるとどちらでもいいのでしょうが。




そして!一番の問題は対戦相手がいないこと。

| 物欲 | 02:41 | comments(0) | - | -
買っちゃった・・・
嗚呼、インターネットのバカ・・・。
でも自分が一番バカ・・・。

買ってしまった・・・


Goose350




のサービスマニュアル

だって・・・つい・・・ポチッと・・・。

これは車体購入のプロローグか・・・?
| 物欲 | 01:27 | comments(0) | - | -
Mac OS
昨日知り合いが、持ち前の思いつきと即決でデスクトップのMacを購入しました。
中古で2機種並んでいたのですが、「ユーどっちがいいと思う?」と聞かれ「こっちじゃないですか?」と言った0.5秒後、店員さんに「これください」と言いました。

「早っ!!びっくり」の一言に尽きます。


さっそく持ち帰ってセットアップ。
本人曰く「DVDが見られればそれでいい」とのこと。
Macはなにやらめんどくさいですな。
住所やら何やらを入力しなければならないようです。(ウィンドウズも?)

しかし!

それを終えて使ってみると案外いい!

Macなんて12年ぶりぐらいに触りました。
Macはしばらく触らないうちにこんなに凄い事になっていたのか・・・。
Mac OSいいかも・・・。


ふつふつ・・・


な!なんだ!この湧き上がる物欲は!(ネイルと同化した時のピッコロ風に)

ということでMac miniがすごく気になります。
ワイヤレスマウスはあるし、キーボードもあるし、ディスプレイもあるし、あと必要なのは勇気と判子だけ!(むしろ現金が必要だろ・・・)

ということで、Mac miniのいいとこ悪いとこをどなたか教えてください。
ところでMac miniのディスプレーのインターフェイスは15ピンに変換可能なのでしょうか・・・?
ディスプレーが15ピンなもので。



脱シマノ宣言とともに脱ウィンドウズ宣言しようかな・・・。
ま、どっちも無理だけど。
| 物欲 | 18:14 | comments(2) | - | -
峠を越えて
自転車で峠を越えて思った事があるんです。
2輪車(エンジン付き)って峠越え楽そうですね。そして楽しそう。
いや、絶対楽しい!(当時は下手すぎて峠に楽しさを見出せなかった元2輪車乗りです)

総重量15kgのトレーラーを牽いた自転車による笹子峠の大変さ(20号のトンネルでの峠越えは東京方面は大変)、大垂水峠の大変さを知りました。
この間山梨に行ってきた時はずっと甲州街道を行ったので、大垂水峠も笹子峠も越えました。
行きは元気だったので、大垂水と笹子は漕いで登ったのですが、帰りは足が終わったので(我ながら情けない・・・)自転車を押して越えました。

そんな大変な思いをしている帰りの大垂水峠を颯爽と駆け抜けるGoose。
かっこええ〜。
これはもう恋ですな。

ということで維持も出来ないのに(まずは置き場の確保から)、中古でGooseを探してみることに。
しかしGooseは年式の割りに高いもんですな。
やはり一部のGoose信者(私もその一人ですが)が値段をつり上げているわけですな。

以前自宅近くに乗られていないGoose(個人的に大好きなブルー、しかも350!)を所有している方がいらっしゃいまして、いつ「売ってください!」と門を叩こうかと機会をうかがっていたら、ある日ドナドナされました・・・。
チャンスはホントに前髪ほどしかないんですね・・・。

人も物も、一瞬の出会いを大切にしないといかんのです。
| 物欲 | 23:25 | comments(0) | - | -
インターネットは恐い
最近どうしても必要だったOリング、ホームセンターに行ってもやはり無く、いよいよもってモノタロウでの購入を決意。

しかし個人の規模でOリングが欲しいといっても所詮は数個の世界。
1個26円のOリングを数個に500円の送料はちょっと・・・。(代引きならさらに上乗せ)

ならば・・・
必要なものと一緒に買ってしまえばいいんじゃな〜い?
この考えが危険なのですね・・・。


ポチッ、ポチッ、ポチッ。


クリックしていくだけで買い物が出来てしまう、なんて恐ろしい便利な世の中だ!
もちろん、後の支払いが恐いわけだが。

嗚呼、また買ってしまった・・・。

| 物欲 | 01:42 | comments(0) | - | -
| 1/2PAGES | >>