CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
35mmと現像とプリント


最近(と言っても1か月ほど前)35mmを引っ張り出し(OM-10)ちょいと撮影しました。
デジタルばかり使っていると、その場で確認が出来ないというのは何とももどかしい。

現像に出し、プリントされて出てきたときに初めて出来栄えが確認できるというのは、早さのみを追求している現代にはミスマッチ。
特にプロ野球担当のカメラマンさんだと切実でしょうね。
フィルムからデジタルに変わって、入稿までの時間が相当稼げたんではないでしょうか。

ま、私はプロでもないのでフィルムでも構わないんですけどね。


しかし!フィルムで問題になるのが現像代・・・。

 


24枚撮りを2本、現像とインデックスプリントのみで1680円・・・。

あれ・・・、フィルムってこんなに高かったっけ・・・?

そりゃデジタルが普及するわ。

| カメラ | 18:01 | comments(0) | - | -
望遠レンズ
 
私の使っているデジタル一眼レフカメラは2機ともオリンパス製で、レンズの規格はフォーサーズとなっております。
手持ちレンズは14-54mm(オリンパス)と24mm単焦点(シグマ)と40-150mm(オリンパス)の3本。
14-54mmのものはE−1が発売されたときに標準で付属していたもの(たぶん)。
何かと使い勝手がよいレンズですが、個人的には24mm単焦点が大好き。
実力を発揮するフィールドは少ないけれど、ばっちりハマったときは比類なき性能を発揮してくれる。
何と言ってもF値1.8というのがたまりません。
マクロレンズなので、近づいて被写界深度極浅の写真を撮るには最適です。

そんな私ですが、「最近のオリンパスのレンズはどんなもんかな〜」とサイトを覗いて驚愕!

スタンダードグレードに70-300mmなるレンズがラインナップされてるじゃないか!

35mm換算で140-600mmですね。

構造上望遠に寄ったフォーサーズ。

低価格で望遠レンズを入手できるというのはいいものですな。

そのかわり広角側は高めのレンズしかないのが玉にキズです。

F4.0-5.6なのが残念だが、価格を考えればしょうがないか。
| カメラ | 01:13 | comments(0) | - | -
早起きは三文の徳


昨夜は会社の課の方々が飲み会を開催して下さいまして、帰宅は午前1時。
寝たのは午前1時半でした。
しかし今朝の起床は午前5時半。

それにはちゃんと意味がありまして、通勤途中に朝もやの絶景ポイントを見つけたんです。
なので今日はそのポイントを撮影しに行きました。

朝もや


朝もや2



さて、三文って現在の価値ではどれぐらいのもんなのよ?
って思ったので、調べてみたらいるんですねぇ。
同じようなこと考えているひと。

一説には3文は現在の価格でいうと3637.6円だそうです。
早起きだけで毎日そんなに得できるのかぁ。
3日早起きしたら諭吉ですよ。
ビバ早起き!

| カメラ | 09:30 | comments(2) | - | -
OM-10
OM-10


約1年半ぶりに引っ張り出してきたOM−10。
レンズはズイコーOMシステムの広角24mm。
電池は残ってるし、それぞれのシャッタースピードでシャッターもちゃんと動く。
マニュアルアダプタも大丈夫。

各部はちゃんと動くのかな〜と思って数ショットしてみた後、フィルムの巻き取りハンドルを動かしてみると・・・

おや?この抵抗は・・・

多分フィルム入ってます・・・。
しまったしまった。

OM−10後期型になるとフィルム覗き窓がつくんでしたっけ?
拙者のは窓がないのでこういった事が起こるんですが。

そもそもフィルムを入れたんなら使い切れ!過去の俺!
と、まぁそんなことを言ってもしょうがないのですが。

デジタル一眼のE−500に乗り換えてからというもの、ずっと仕舞いっぱなしだったので、久々に持ってみると改めてOM−10の小ささに驚きます。
こうもコンパクトなカメラだったかなぁ。
お出かけには持って来いのカメラですね。

しかしながらフィルムは何かと手間がかかります。
デジタルと違って頻繁に開閉をすることにもなるのでダスト面の問題、現像にかかるコストの問題、何といってもその場で写りを確認できない!
でも、昔はそれが当然だったわけだし、その手間や時間を楽しめるぐらいの心のゆとりが今の自分には必要なのかなとも思います。
せっかちな自分と世の中に合わせて便利なデジタルカメラを選ぶばかりでなく、たまには何かと面倒なフィルムカメラに自分を合わせてみてはいかがですか?
| カメラ | 01:28 | comments(0) | - | -
流行ってるらしいです。
カフェ写真

1/50s F1.8 24mm ISO 100


最近カフェで写真を撮るのが流行っているらしい。
知らんかった。

確かに被写体は動かないし、デジタルカメラなら撮ったその場で確認も出来るしいいことばかり。
私みたいに腕も知識も無い人間には練習にいいかも。


今まではE−500のレンズキットのレンズ(14-45mm F3.5-5.6)を使ってましたから被写界深度なんてそこまで考えていませんでしたが、F値が1.8で尚且つマクロなので、寄ったら被写界深度は相当浅くなります。

私が使っているシグマの24mm F1.8のレンズはマクロなので18cmまで寄れます。
と、まぁこれはメーカーが言ってるだけで、実際はもっと寄れます。

だいたい5cmぐらいまで寄れます。
そのかわり被写界深度はこれぐらいになりますが。

かなり浅いです。

手ブレは気にしないでください(笑)

接近戦大好きな方は是非一本!
これで猫とか撮りたいなぁ〜。
でも私がそこまで近づくことを許す猫がそもそもいない・・・。

| カメラ | 22:02 | comments(4) | - | -
今日は
学校が休み、天気がいい、カメラがある。
ということで鎌倉方面に行ってきました。

新宿から小田急線に乗ったときは薄雲がかかっていて、そこまで光源がよくなかったのですが、片瀬江ノ島駅に着いた頃にはすっかり晴れていました。

片瀬江ノ島駅

ファンキー・・・。


まずは江ノ島へ行き、釜あげしらす丼で腹ごしらえ。

うまかった!

釜あげは嘘じゃなかった!
今まで食べたことの無い食感、一匹一匹がプリプリしていて甘かった。
こりゃショックですわ。今まで食べていたしらすはなんだったんだろう?



にゃんこ1

にゃんこ2

大仏様のところで遭遇したにゃんこです。
お土産屋さんのところにいました。
人馴れしているのでカメラを向けてもビクともしません。


今日は鎌倉という街(の一部)を見られたのでとても楽しかったです。
今まで私の守備範囲は中央線文化一色だったので、いい刺激になりました。
海が好き・サーフィンが好き・鎌倉が好きという人にはたまらないフィールドだと思います。
中央線沿線には無い時間の流れと江ノ電のゆるさがいいですね。

下校途中の小学生が江ノ電を使っていましたが、電車を降りたら車掌さんに手を振るんです。
もちろん車掌さんも手を振ってます。
こんな光景中央線沿線で見たこと有りますか?
今の中央線沿線にはコレが無い。
一体みんなどこに忘れてきてしまったのだろう。
このブログを書き始めた時、私が思い描いた「ゆるくぬるく」がここにはあります(特に江ノ電)。
よって鎌倉や江ノ島あたりを「ゆるくぬるい」地区に認定いたします!



関係ないけどアップします。ちょっと見にくいかな

空は広い!

空はどこにでも存在する。
自販機のガラスにも、心の中にも。


| カメラ | 23:13 | comments(6) | - | -
いい加減
画像がたまってきた。
せっかくデジタル一眼を持っているのに、それを表現の道具として使わない手は無い!
厳密に言うと表現の手段としては使っているのですが、世に向かって表現を伝える手段を持っていないというべきなのかな。

手段はある。
このブログでアップすればいいだけなんですよね。
某M下さんにも「ユーアップしちゃいなよ」と言われたこともあるし・・・。


待っている人がいるなら答えるのもブロッガーの使命かと。



新芽の息吹

うちにあった植物が何やら頑張ってます。
春は植物が元気だからいいですよね。

元気なタンポポですね

これまた春らしい画ですな。
黄色が綺麗だ。


花に囲まれるのも悪くない

結構好きです、花。
短い命だからこそなのかな、この美しさは。


出来てる風

”OO風”と言うのはあくまでも「真似」であり、「偽者」であると、ある芸人さんが言ってましたね。
「後ろから見るとパラレル出来る雰囲気あるんだけどな〜」と何度言われたことか。
今のところまだ「パラレル風」です。




| カメラ | 22:17 | comments(4) | - | -
| 1/1PAGES |