CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
鉄が語りかけます

「風が語りかけます。うまい!うますぎる!埼玉銘菓十万石饅頭」なんてCMがありますが、今日は風ではなく鉄が語りかけてきました。
夜コーヒーをしにちょっくら走ってきました。
仲間は二輪車、拙者はクロモリロード。

拙者は遅いので、先に出たんです。
しかし走っても走っても二輪車組に追い抜かれない。
あれ〜?もしかして拙者が遅いので時間調整をしてくれたのかな?
なんて思っていると目的地の500m手前でパスされてしまった!
く、くやし〜〜〜〜!

後で二輪車組に聞いたら「ユーが出てから5分後ぐらいに出たよ」とのこと。
ほほぅ。
5分差で出発して吉祥寺から立川までで同じぐらいか(やや負けてるけど)
やはり手塩にかけて鈍らせた足ではこんなもんか。

「鉄が語りかけます。遅い!遅すぎる!お主の足はこんなものか?」と。
せっかくの鳩のマークのクロモリフレームなのに、それを活かしきれない自分が情けない・・・。

しかし高反発クロモリフレームは乗ってて楽しいですな。
まるでバネに乗ってるみたいで。
堅いバネなんだけれども、それの粘りを引き出した時のフレームの進みっぷりと言ったら、そりゃぁもう笑いが止まりません(笑)
良く進むし、足が疲れない。
ああ、これに戦える手組みホイールなんか入れた日にゃぁ・・・ククク。
鉄っていいですね〜。
| | 01:59 | comments(0) | - | -
本物と痛み

やっぱり本物は一味も二味も違います。
例えば、そこいらの吉野家と築地市場内にある吉野家1号店の牛丼。
味に違いは全くないけれど、店員さんの雰囲気が仲買人みたいに無愛想だったり。

また例えば、北斗百裂拳と北斗千手壊拳。
技の感じはやや似て非なるものだが、敵の死に方は一緒だったり。(技を喰らった直後も違うが、死に方は結局破裂系)


だが、人類は滅亡していなかった!

ではなくて、だが、本物の剥離剤(再塗装する際にもとの塗料を剥がすための溶剤)は違うぜ!(諸般の事情により画像はありませんが)

私が今まで使ったことのある剥離剤は、ホームセンターで売られている安いやつでした。
それらには「薬剤に直接触れると手が痛くなる」とかかいてありますが、触ってもたいして痛くもなく、「俺の皮膚って結構強いのかも〜♪」とか思ってました。


でも、そんなものは単なる幻想にすぎませんでした。

本物の剥離剤には「ミーは耐ガソリン塗料とか、パテとかも溶かしちゃうから気をつけてね」って書いてありました。
おいおい、そんなもんまで溶けるのかよ・・・。
とか思いつつ、塗装面に塗ってみると・・・


1分もたたずに塗料が浮いてきた。
おお〜、こりゃすげ〜。
と喜んでいられたのも束の間。
何やら手が猛烈に痛くなってきた。
何だ!この新感覚な痛みは!
熱いようで痛いようで、それでいてピリピリする!
良く見ればほんの少し剥離剤が手についてました。
こんな少量でこんなに痛いんだ・・・。
こりゃ本物だわ。

そのことを某ビルダーさんに話したら、「あぶねーから溶けるんじゃん」と。

ごもっとも。
本物は痛みも溶け具合も一味違いますな。
本物の剥離剤をご使用の際は、本当にゴム手袋ぐらいは使わないと手が大変なことになりますよ。
| | 03:12 | comments(0) | - | -
鉄って奴ぁ〜!



この粗い画像を見ただけでパイプの材質を言い当てた人は職業病、もしくは鉄好き病です。
当然私は見ただけではわかりません。

昨日我が家に届きました。
これにスーパーのチラシを巻いただけという恐ろしくシンプルな梱包で。
ま、無事届けばいいんですよ。

それにしても鉄って何でこうも見ていて飽きないんでしょうねぇ。
更に溶接されていたりするとビードを眺めてニヤニヤできますね。

しかし鉄だけに錆が怖いんですよねぇ。
だからこれには塗装します。
刷毛で。
と、いうことは地肌とビードが全開で見られるのも今だけってことですな。
塗るまでは今暫く眺めてニヤニヤするとしますか。

| | 10:56 | comments(2) | - | -
| 1/1PAGES |