CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
ジェロと愉快な仲間達という想像超越系超弩級新発想



リアル「やって来ました日本海〜」ということで昨晩に新潟は柏崎に向けて車で出発し本日午前2時過ぎに到着。
本日は凡人的想像力超越系超弩級規模であるところのバイブスミーティング最終日でございました。
超凡人的発想の域を超えることのない拙僧の想像力を裏切る恐るべき台数のハーレーがそこにあり右を見ても左を見てもハーレーハーレーハーレーで本当に日本にはこんなにハーレーがあるのかと驚かされっぱなしでございます。
その参加台数やミーティングの規模にただただただただただ圧倒され1富士2鷹3ショベル的顎顎(ガクガク)関節症並に鳥肌が立って申し訳ありません。
会場で見つけたアイアンスポーツのプライマリーカバーがカッコ良すぎて併せて申し訳ありません。
| ドコドコ感 | 23:32 | comments(0) | - | -
Eキャブエボスポーツと宇宙人製有機ヒューマノイドという悶絶系新発想
本日Eキャブ搭載エボスポーツに乗らせて頂く機会がございました。
以前1度だけ乗らせて頂いたことがあるその車両の全開加速のインパクトに悶絶絶頂だった私。
1200ccOHVのVツインをなめてかかるとキックはありませんがケッチン喰らって昇天ものでございます。
本日は控えめにアクセル操作をしつつもやはりついつい開けてみたくなるのですがビビって全開に出来ずにカッコ悪くて申し訳ありません。
| ドコドコ感 | 01:48 | comments(0) | - | -
ポイント点火と接点
 

この画像の部品を見ただけで、何の車種の、何の部品かわかったら、あなたは本当の病人です。
もしかしたら複数の車種で使われているかもしれませんが。





正解は、二輪車のブレーキランプスイッチ(フロントブレーキ)です。
ボタンを押すと絶縁するという仕組みです。
実は今日フロントブレーキを掛けてもブレーキランプが点灯しないことに気が付きました。
一体いつからつかなかったんだ・・・?

テスターで計ってみると、スイッチ手前まで12Vは来ている。
スイッチの導通は・・・あれ?
テスターの針が不可解な動きをする・・・。
こいつか・・・。

取り外してみると・・・
非分解式じゃん・・・。

使えないものなら無いのと同じ、だったらASSY交換する前に分解して(場合によっては修理して)構造を理解しようというのが私のやり方。
直れば儲けもの、修理不可でも構造を理解できる。
直ればお金もかかりませんしね。
正直「壊れたら即交換」ってのは好きじゃありません。

最近知人のVWタイプ兇鮨┐蕕擦討い燭世機会が多いため、直せるものは直す努力をするという精神を身につけました。
とんでもない整備(ある意味破壊)をされてきた部品もあり、「整備のため分解→とんでもない整備(ある意味破壊)をされた箇所発見→修理→やっと本題の整備」という感じです。
某先生に「泥沼の世界にようこそ」と言われた意味がわかりました。


さて、スイッチは・・・
プラスチックの合わせ面に爪を突っ込んで、さらにマイナスドライバーを突っ込んでこじ開けてみると・・・。



開いた!

なんだ、こんなシンプルな構造なんだ。
ん?


こ、これは!?
接点式!?



これじゃポイント点火と変わらないじゃないか!!
他の二輪車も基本的な構造はこれなのかな?

しかし、まぁ。
たった2年(走行距離6150km)で逝かれるとは、大した部品じゃないか。
接点も何やら中央部が凹んでるし。
ブレーキをかけるたびに火花飛びまくりの、摺動しまくりじゃ、そりゃ摩耗しますわ。
なので、接点をヤスリできれいに整え、再度組み付け&導通点検。
接点のくぼみが無くなるまで削ったので、スイッチのボタンをどんな押し方(速く押したりゆっくり押したり)をしてもテスターの針は0Ω。
ま、こんなもんでいいでしょう。

偉大なる先輩整備士の方々(ポイント点火時代を生き抜いてきた方々)、ご苦労様です。
ポイント点火ってどれだけ大変だったのでしょう・・・?
頭が下がります。

分解&修理をして、くだらない記事を書いていたらこんな時間になってしまった・・・。
おやすみなさい。
| ドコドコ感 | 05:03 | comments(0) | - | -
3拍子と金持ちクラッチ

最近ショベルヘッドの車両を目にする機会が多いです。(とは言っても3台ですが)
その中でも腰下ナックル・腰上ショベルというエンジンがなかなかグッと来ます。
そのバイクのオーナーさんにも、製作されたビルダーさんにも許可をもらっていないので画像なんかは公開できませんが。
3拍子がすごくきれいに出てます。
おまけに社外のクラッチが付いてます。
あのオレンジの。
ビルダーさん曰く「金持ちクラッチ」だそうです。
ご自身も付けてるのに(笑)

ずっと不思議に思ってるんですけど、なぜVツインなのに3拍子になるんでしょうね?
フライホイールが重いから?
ストロークが長いから?
実は等間隔(ではないけれど)で排気されているのに3拍子のように聞こえている?(それはないな・・・)

「綺麗な3拍子+オレンジ的乾式クラッチ=癒し」

夜は3拍子を聞きながら眠りにつき、朝はオレンジ的乾式クラッチで目覚める。
鉄の馬好きなら理想的な睡眠ですな。


「ショベルヘッド+サンダーヘッダー=地鳴り」

あの弾ける太い音に心奪われました。
これはiPodに入れて、テンションを上げたい時に聞きたいですね。

| ドコドコ感 | 00:28 | comments(0) | - | -
さりげなく



深夜徘徊中に発見。
一瞬チラリと横目に見てスルーしかけたのですが、「ん!?どう見ても国産じゃねーぞ!」と思いUターンしてガン見。
ナックルですな(全く同じシルエットでWLとエンジンだけ違うってのも変な感じですが)
電柱の脇にさいげなく置いてありました。

これが噂の「さりげナックル(※)」ですね。
※さりげなくナックルの意

カスタムの方向性としては細身な印象(シルエット)です。
ラパンチャのシェフのWLと同じと思われるフレームなのに、シート下のスプリングをキャンセルしベタ下げしたり、フロントナロー化(してるのかな?)、フェンダーやタイヤが違うだけで随分と印象が違うもんですね。
暗い夜道で一瞬だけ見ると「JAZZ(ホンダ)か!?」とおもうぐらいに線の細いバイクです。
これはこれでアリだと思いますが、個人的にはやはりサービカーが萌え〜(エンジンもサイドバルブだし)

個人的にOHVエンジンの中では、エボやショベルのように四角くゴツいシリンダーより円形のシリンダーのナックルが好きです。
だって、ピストンは丸いんだからシリンダー断面も円形でいいじゃん。
ってのが個人的な意見。
オイルギャラリーやスタットボルトが隠れてるのかな?だから四角いシリンダーに進歩していったのかもしれませんが。

ナックルのシリンダーで一番好きなのは、ナットを締める工具が入るために設けられているフィンのくぼみ。
鋳造後の切削でフィンのくぼみを作っているわけではなく、鋳造の段階でフィンにくぼみがあるところが最高にセクスィ〜〜〜〜!!
やっぱ空冷フィンは無切削で、型の凸凹が如実に現れているのが素敵(でも目の細かい砂型やダイキャストは論外)

ここまで書いておきながら、実は私がナックルだと思っていたエンジンがナックルじゃなかったら笑えますな(笑)
| ドコドコ感 | 04:14 | comments(0) | - | -
浜崎伝助は凄い。

「釣りバカ日誌」での主役であるところの浜崎伝助は、会社では仕事の出来ない(しない?)人物です。
課長からはいつも叱られ、それでもわが道を通し続けるというのはある意味では凄い。
そんな彼を叱り続けている課長も、浜崎氏が窮地に追い込まれると「浜崎君は仕事は出来ませんが、会社の歯車の潤滑剤のような男でして」と擁護してくれる。
その課長の言葉は今でも忘れられません。

ここ1週間ほど浜崎伝助のことを考えてます。
浜崎氏はなぜ給料泥棒と言われてまで会社にいられるんでしょう。
生活がかかってるからなんでしょうけど。
私だったら耐えられませんが。それでも耐えなきゃなりません。
まぁ近いことは言われてますけどね。

でも本日なんとか仕事納め。
少なくとも10日は仕事から逃げられるわけです。
しばらく頭痛ともおさらばです。

バイクでどこかに行こうかな。ドコドコいわせながら。
がっつり西高東低の冬型に気圧配置まっしぐらで激寒ですけど・・・。
夏用グローブしか持ってませんけど・・・。
ハイカットのライダーブーツも持ってませんけど・・・。

それでもしばらくどこかに行こうかなぁ。
ん?何だかタイトルの趣旨から話がずれてる気もするが、まぁいいか。
| ドコドコ感 | 23:08 | comments(0) | - | -
え・・・これでいいのか・・・?


とある理由から、狭角Vツインのバイクのヘッドライトのバルブが切れてしまいました。
「プロジェクターランプだし、非分解式だったら困るなぁ〜」なんて思いながらも夜だったので、作業は今朝に持ち越しました。

結果から言うと、分解可能で本日無事修理が終了しました。
ですが・・・

 

ですが・・・

 

ホントにこれでいいの・・・?

ヘッドランプの止め方とか。
何でこんなに面倒な止め方してるんだろう・・・。
プラスチックに対して木ねじで止められたりしてるし・・・ガタついたりしてるし・・・。

※一度作業を始めると写真とかは撮るのが面倒な私なので、画像は一切ありません。

ところで、プロジェクターランプだと結構くっきりカットオフラインができますが、カットオフラインとエルボー点ってどうやって作られてるかご存知ですか?
画像がないのが本当に残念ですが、変なプレートが一枚いらっしゃるだけなんですよ・・・。
思わず笑っちゃいました(笑)
それにしても一枚のプレートであんなにもくっきりカットオフラインって作れるもんなんだなぁ。

ま、米国製だし。
小さなことを気にしてたらこのバイクは乗れん!

これでいいのだ(バカボンのパパ風)

| ドコドコ感 | 17:19 | comments(0) | - | -
目覚め
今朝は蚊が奏でる素敵な羽の音で目を覚ましました・・・。

プゥ〜〜ン、ってあれです。

参ったぜ。

まぁ、そんなこんなで午前5時。

せっかく早起きしたのだから、数日前から行きたかった山梨県北杜市に行って来ました。

思い起こせば今年の様々な流れは全てここから始まってる気がする。


思いつきでトレーラーを牽いて自転車で出かけて、まるで待っていてくれたかのように満開だった神代桜。
そんな桜に挨拶に行って来ました。

午前6時前にバイクで出発。
調布から中央道に乗って・・・と行きたいところでもあるんですが、せっかくなので大垂水峠を味わって相模湖インターから中央道に乗りました。
う〜む、やはり狭角Vツインのバイクは難しいなぁ。
スイ〜っと曲がれたときは気持ちいいんですが、そうでなかったときは何ともムズムズするんです。
コーナリング矯正機なのかな?

できることなら全部甲州街道で行きたかったけど、下道はやっぱり自転車で走りたいしなぁ。
え?変ですか?
国見峠も二輪車じゃなくて自転車で越えたい派ですが、何か?
でも拙者、ヒルクライムは大嫌いです。
苦しいのとか苦手なもんで(笑)


何とか無事に実相寺に到着。
シーズンオフの実相寺は詣人は私一人。
桜が満開だったあの時は朝から駐車場もいっぱいだったのに。
表参道を越えてすぐ左側に広がっていた菜の花畑も今はただの畑でした。



肝心の桜は当然葉桜。
でも綺麗な緑を茂らせていました。
これからもずっと綺麗な桜を咲かせ続けてほしいものです。

前回来た時には無かった(目に付かなかった?)立て札があります。
いい言葉がたくさん書いてあります。



滞在時間は20分ぐらいだったでしょうか、トンボ帰りってやつですね。
ここ数日は日中も気温が低く、夜なんかは半袖で自転車に乗ると寒いと感じるほどだったので、二輪用ジャケットを着て行ったのですが、やっぱり暑い!

結局地元に戻ったときは軽く脱水症状でした・・・。
今日は本当に暑かったなぁ。


でも、ずっと心に引っかかってた神代桜への挨拶も出来てよかった。
次は中尊寺にも行こうかな。
電車で(笑)


| ドコドコ感 | 19:21 | comments(0) | - | -
最高速

拙者、今までかっ飛び系のバイクに乗ったことがありません。
最初に乗ったゼファーも92年型の2バルブだし、グースはがんばっても160キロ出ないぐらいでしょうし、狭角Vツインはのんびり走るためのバイクだし。
最近友人が買っちゃたんですよ。

北米のフルパワー仕様のCBR600RR。


そんなバイクが速くないわけがないじゃないですか。
もともとその友人は峠やサーキットを走ってたのですが、そんな人間が「怖い」と思うぐらいのパワーが出てるそうです。
拙者からすると、600CCは片バンクの排気量なのになぁ。
パワーは拙者のバイク以上に出てるし、最高速なんて到底敵わない。

排気量って何なんだろう・・・?


そんな私は・・・一度でいいから・・・



隼に乗りたい!
| ドコドコ感 | 00:28 | comments(0) | - | -
やっと発注していたウィンカーが〜

キタ〜〜〜〜〜〜〜!!(某芸人さん風)


なので直してみました。
狭角Vツインエンジンのバイクのウィンカー。
昨夜電話があり、「ゆるゆるさ〜ん、ウィンカー来ましたよ〜」とのこと。

あ〜、これで心置きなく走れるってもんです。
補修した状態でもちゃんと方向指示はできたんですが、やっぱりねぇ〜!
万全の状態じゃないと走ってても100%気持ちよくは無いですから。
とは言いつつも走ってると忘れちゃうんだよなぁ、ウィンカーのことなんて。

最近何となく分かってきました。
車体を倒すと内側に切れ込んでいくハンドルをどうすれば良いのか。

答えは簡単。

コーナリングスピードをもっと上げればいい。

でした。
するとスイーっとコーナーを抜けられるんです。
変なバイクです。
ちなみにグースだと、どんなに遅い速度でもどんな曲がり方でも同じような挙動です。
単純に、ビビってノロノロ曲がってたからダメだったんでしょうね。


以前の記事にも書いたとおり、お亡くなりになったウィンカーを2コ1したので、新品のウィンカーが1つ余りました。
余ったのは左のリア(兼、右のフロント)です。
ま、これは自分への戒めとして保管しておくつもりです。
「このウィンカーは使うことがありませんよーに」って願を掛けて。


いかん!今日の記事、いつにも増してつまらん!
書いた本人がこんなこと言うのも変だが、本当につまらん!
文才と痩せ薬が欲しい〜。
| ドコドコ感 | 23:22 | comments(0) | - | -
| 1/2PAGES | >>